close

2019.5.23

富士吉田連載「この街の主役は、わたしたちだ」#001

D
20190524_内藤セイビドー_内藤裕二さんweb

「富士吉田市で50年、眼鏡一筋。」

甲府市出身の内藤裕二さんは、東京の一流百貨店〈三越〉を経て、1970年に富士吉田市で眼鏡店を開業しました。「眼鏡店がなかったから、この街でこそ」と熱い想いを抱いたあの頃の気持ちは、赤く染まる店内とキラリと輝くヴィンテージメガネが、今も変わらず物語っています。

 

〈内藤セイビドー眼鏡店〉
〒403-0004 山梨県富士吉田市2 下吉田5丁目2−28

 


富士吉田連載「この街の主役は、わたしたちだ」

 

“街をつくるのは、人だ”


富士山の麓、雪どけの澄んだ水に恵まれて、機織りの街として栄えてきた山梨県富士吉田市。この街には、富士山0合目へと続く商店通りを中心に、人々の暮らしと営みが広がっています。富士山を目指す人々の羽を休める宿場として、機織りを営む人々の社交場として、あらゆる物語の交差が生まれてきたこの街では、今でもずっと、あらゆる出会いが生まれています。だけど、だからこそ、新しく引き継がれていく場もあれば、なくなってしまう場もあります。

そこで0555編集部は本連載を通して、この街で「場を営み続けてきた人たち」や「これから場を生み出していく人たち」を、いつまでも色褪せることのない街の記憶として記録し、新たな営みが生まれるきっかけを紡いでいくことにしました。この街に広がる「どこにでもありそうで特別な笑顔」は、これからもこの街をつくる唯一の主役です。みんなに会いに、富士吉田市に遊びにきませんか?

 

Writting & Photo : Reona Watanabe
Edit : Takashi Kobayashi