close
センターに問い合わせたら...?実際の富士吉田のまちの様子や物件を見てみたい!でも、定住促進センターに行ったらどんな案内をしてもらえるの?どんな情報があるの?そんな疑問に答えるべく、実際に定住促進センターに問い合わせたときの様子を体験する「富士吉田1日おもてなしツアー」を開催しました! プロフィール 今回のツアーでは、東京都在住の小川竜太さん・恭子さん夫妻にご協力いただきました。山歩き・街歩きが大好きなお二人は、以前富士吉田で開催されたイベント「新世界通り復活祭」にもお越しいただいています。

とある秋の日。小川さん夫妻が、ふじよしだ定住促進センターにいらっしゃいました。お二人は富士吉田市に遊びにいらしたことがありますが、こちらのセンターは初めて。 いま一度まちの様子や移住に関するサポートなどについて、定住促進担当スタッフ小林・渡辺の二名によるカウンセリングをおこないます。お二人の現状や希望を聞きながら、空き家バンクに登録された富士吉田市内の空き物件と、移住した際に利用できる定住奨励金をご紹介しました。

この日はあいにくの曇り空でしたが、気分を高めていこう!ということで、リフレふじよしだ内のアウトドアショップと、併設の地ビールレストラン見学に出かけます。街や山のハイキングが好きなお二人には欠かせないスポット。一杯だけ、ビールの味見もしてみました。

いつも行列が絶えないおいしいお店でいただきます。民家のような構えのお店で、ワンフロアの座敷でいただくのが、吉田うどんの定番スタイルです。

午後はお待ちかね、定住促進担当おすすめの空き物件をご紹介。上吉田の浅間神社近くに位置する、一軒家をご案内します。こちらはかつて吉田口登山道の茶屋を経営していたお家で、しばらくおばあちゃんが一人で住んでいました。 持ち主の方が今でもときどき手入れに来ており、少し手を加えれば生活するには困らなそうな物件です。広くて気持ちのいい庭、しっかりした梁や柱、日当りの良いリビング。お二人も一部屋ずつ見てまわりながら、くつろいでしまうような居心地の良さでした。

「僕、本当にいつも晴れ男なんですよね」という小川さんのパワーで空がきれいに晴れて来ました! 晴れたらやっぱり富士五湖の美しい自然を楽しんでもらいたい!ということで、 大明見地区の森のそばに住む木工作家さんを尋ねました。工房の裏に建てたツリーハウスを見学させていただきます。沢から涼しい風が吹き抜けて、とっても心地良い一時。お菓子屋さんで買ってきたおいしいシュークリームをつまみながらおしゃべりに花が咲きました。

一休みのあとは、近くの遊ぶところが見たいという小川さんのお話を受けて、本栖湖までドライブ。美しい湖を臨む道中を楽しみつつ、展望台下まで車を走らせました。湖畔そばの入り口からはハイキング。20分程くねくねと山道を登っていくと、木立の間から湖を一望できる絶景が広がります。こちらは、千円札の裏に描かれた絵と同じ風景が見られることで有名なスポット。鏡のように静かで青い湖面を見つめていると、雲の間から富士山がその姿を現しました!夕暮れにさしかかる空とともに素晴らしい景色を堪能することが出来ました。

下吉田の、100年以上続く温泉「葭之池温泉」で汗を流します。小さいながらも良質なお風呂で、地元の人とのふれあいもありゆっくりと過ごせました。そして今晩の宿「hostel&salon saruya」にチェックイン。二人でゆったり過ごせる別館に案内していただきました。 また、この日は偶然、宿のスタッフである八木さんがソーセージ作りに挑戦中でした。せっかくだからとお二人にも手伝ってもらい、とってもおいしそうな手作りソーセージが完成しました。

一日の締めくくりに、下吉田の街に繰り出します。昭和の頃繁華街として栄えた雰囲気を感じながら、日本酒が自慢のお店で一杯。ほろ酔いになって繰り出した先の「新世界通り」では、空き家の中で一日限定のスナックがオープン!スタッフ二人が夜遅くまでもてなし、富士吉田での充実の一日が幕を下ろしたのでした。

長い一日でしたが、小川さん夫妻にも、たっぷり楽しんでいただけたのではないでしょうか。ふじよしだ定住促進センターでは、こんな風に富士吉田の環境や暮らしの様子を知りたい、物件を探している、移住にあたって補助制度について知りたいなど、皆さんの様々な声にお答えしてご案内をいたします。事前予約をいただければ、この記事のようなご紹介ツアーも開催します(飲食代等の実費はご負担いただきます)。多くの方の安心の窓口となるべく、日々活動しておりますのでどうぞお気軽にご連絡下さい!